【イベント告知】セミナーの追加開催決定!!

弊社による「低年次、低意欲層に対するキャリア教育の実践実例報告」のセミナー開催が、申込者多数のため、15日、16日二日開催になりました。内容は二日共に同内容です。下記の要領で開催します。ご参加お待ちしております。

------------

■テーマ:キャリア教育の今日問われるもの 
低年次、低意欲層に対するキャリア教育の実践事例報告 

 

■期日 :2014年5月15日(木)18時00分~21時00分 

     (18時~19時:報告者との懇談、19時~21時:報告と質疑) 

     2014年5月16日(金)17時30分~20時30分設定 
     (17時30分~18時30分:報告者との懇談、18時30~20時30分:報告と質疑) 

 

■報告者 梶谷康則(京都産業大学講師、株式会社學匠 代表取締役) 
     平尾明子(大阪工業大学 キャリア教育主任講師、株式会社學匠役員) 

 

■会場:新宿区四谷三丁目4番S.Cビル2F 東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅3番出口から地上に出て右へ徒歩1分。ダイコクドラッグ様の3つ先のビル(1階聚楽宴様が目印です)の2階 会場地図 http://www.jobsapo.jp/center-smy.html  

 

■主催:NPO法人学生キャリア支援ネットワーク 

 

■協力:一般社団法人就職・独立支援センター 

 

■参加費:3000円(当日会場後方受付にてお願いいたします) 

 

■お申し込み・お問い合わせ 下の申し込み専用ホームページにてお申し込み下さい。先着受付25名限定 、講師および講演内容についてはこのメールの後半をご参照ください。

 

■講演概要 
文部科学省が「就業力の強化」の名のもとにキャリア教育の義務化を提起して数年を経過しました。しかし、今日のキャリア教育が本当に功を奏しているのか疑問や悩みは絶えません。内閣府報告資料「若者雇用を取り巻く現状と問題」(平成24年3月)によると大卒生の2人に1人が「就職できていない」か「早期離職」という現実が我が国の深刻な問題を表しています。これには様々な要因がりますが、学生の側の問題をとらえ、キャリア教育の現場でこれと正面から取り組み挑戦している実践事例について報告します。 
大学における「未就職」、就職後の離職という背景には、今日の雇用環境も大きく影響していますが、学生自身の育ってきたい環境と状態も大きな課題をもっています。少なくない学生が「他律感」や「閉塞感」をもち、十分な自信や目標性を持った学生生活を過ごせていない現実があります。これが、学生の社会移行を阻んでいる現実に向き合う必要があります。今回の報告は、これらの課題に直面して、キャリア教育の現場で新たな学生の変容を実現するための取り組みです。

 

梶谷康則プロフィール【現職・活動】 
株式会社學匠 代表取締役

NPO学生キャリア支援ネットワーク副理事長

日本キャリア教育学会会員

キャリアデザイン学会会員

京都産業大学講師

高知工科大学講師

 

平尾明子プロフィール【現職・活動】 

株式会社學匠役員
コーチングコミュニケーション講座講師

京都産業大学講師

大阪工業大学キャリア教育講師


■参加申し込み方法 下の申し込み専用サイトでお願いします。 
http://kokucheese.com/event/index/166170/