大学におけるキャリア支援プログラム

 學匠では、就職活動支援のみならず、初年次教育まで視野に入れたキャリア教育を行っています。それは、就職活動は、初年次教育からのキャリア教育の成果にあたるもので、4年間を通して設計されるべき取組みだと捉えているからです。

 半期15コマの授業ブログラムの企画・運営、キャリアセンターへのカウンセラーの配置など、学生のキャリア支援をトータルに実施することができます。

大学からの相談事例

Q1:キャリア意識が低く、低単位状態の学生が一定割合存在します。こうした学生に対してどんなキャリア教育プログラムが有効でしょうか?

→ 実例1へ

Q:うちの学部生はオタク的で元気が見えない。就職意欲も低く留年する学生も多いので、なんとか大学時代にやりたいことを見つけて挑戦することの重要性に気づかせたい。彼らが元気になってくれれば、学内の閉塞的な雰囲気も打ち砕けると思うのですがいかがでしょうか?

→ 実例2へ